出会い系サイトでパートナーを見つけることとは

人間誰しも一人で生きていくことはできません。
誰かとのふれあいで生きていけるのです。
結婚という到達点まで行かなくても、会って話ができる相手が欲しいと思う気持ちは大事です。
話だけでなくセックスもできる相手がいる、と考えるだけで人生はばら色に輝きだします。
実際の生活の中で、異性と出会える機会はそう多くはないでしょう。
テレビやドラマの中では、いろいろな出会いが描かれていますが、それは脚本家が頭の中で勝手に想像した、作り物の世界です。
現実の世界は、ちょっと周りを見回すだけで、味気ない殺伐とした風景が広がっているだけです。

しかし、荒涼とした自分の生活の場にも、オアシスを見出すことはできます。
それが出会い系サイトだと思われます。
一言で出会い系サイトと言っても、初めて利用を考えている人にとっては、その敷居は高いはずです。
何の知識もなく出会い系サイトに飛び込めば、手痛いしっぺ返しを覚悟しなければなりません。
そうならないためにも、事前に出会い系サイトの研究は大事です。
先ずは、老舗サイトを選ぶこと、会員数の多いサイトを選ぶこと、会則・規則(特に退会時)などの揃っているサイトを選ぶこと、複数の口コミを比較検討することなどが求められます。

出会い系サイトでの美女の見分け方としては、第一に写真でしょう。
しかし、写真を載せていない女性もいます。
その中にはブスも含まれています。
当然、ブスは写真を載せることはありません。
しかし、その中には美女も隠れていますから、
油断はできません。
美女は自分の顔を隠したがります。
それは世間にばれることを極端に嫌うからです。
顔の表示がなくても美女を見分ける方法はあります。
美女は自分のことをよく見せようとはしません。
控えめに載せています。
美女は自分をアピールするような書き込みが必要ないからです。

どんな男性がもてるのか、気になるところですが、一概に草食系は嫌われてはいません。
「かわいい」という言葉が女性たちのトレンドだからです。
世の草食系男子たちよ、自信を持って「かわいい」を前面に出してはどうでしょう。
「女に食われる」こともいいのではないでしょうか。

出会い系サイトでの出会いには、雰囲気的なイケメンでも通用します。
ヘアスタイルと少し真面目な服装で、充分ごまかしが聞きます。
清潔こそが女性にもてる要素なのですから、安くても磨いた靴、洗濯した衣類、爪は切っておくなどという、幼稚園児のような注意事項で女性の評価は高くなるようです。

女性とのメールのやり取りは事のほか重要です。
まめに連絡しないとすぐに関係は破綻してしまいます。
女性とのメール交換もそうですが、しつこいぐらいがちょうどいいのです。
うまくいかない人には共通項があります。
それは女性に対して「遠慮」が見られることです。
メールで解決するときは、メールをしつこく出しましょう。

出会い系サイトには出会う前のメール交換があります。
あせって、メール交換の時に「エロワード」を炸裂させる男性がいます。
こういう男性に出会いはありません。
女性を極度に緊張させる男性だからです。
メール交換は八合目です。
出会ってしまえば、その先にはセックスが待っているのです。
なにもあせることはありません。
「下心」をいかに上手に隠し通せるかが成功への道なのです。

出会い系サイトに高望みは禁物です。
隠れ美女もいるにはいるでしょうが、極端に少ないと考えておきましょう。
「完全なブスではないが、やる時はやれる」ぐらいの余裕が必要です。
全くやれないことを考えると、「やれるだけまだまし」そんな気持ちが出会いを維持継続させるコツかもしれません。
不細工な男性こそ清潔感で勝負しなければなりません。
不細工でかつ不潔だったら、絶対に女性からは受け入れられることはないでしょう。

人間、やっぱり欠点はあります。
その欠点をいかに隠せるかが、勝負の分かれ道となります。
女性の場合でも、肌の露出度が多い人はお頭が良くないなどと言います。
頭が良くて美人であれば、肌など見せなくても男性はまとわりつくことでしょうから。

出会い系サイトを旨く利用するには、当初から目的をはっきりさせておく必要があります。
婚活なのか、セフレなのかによっても大変な違いがあります。
いかに出会えるサイトを利用しても、目的意識がしっかりしていないと、行き違いや平行線を辿ることになります。
現在は、いろいろな嗜好に特化したサイトで溢れています。
下心は下心としても、最終目標を事前に決定しておかなければ事の成就を左右することになります。

出会い系サイトには彼氏持ちの子も多く在籍しています。
彼女たちは単純に刺激を求めてサイトにやってきます。
中には、彼氏とのセックスをもっと成就させるための武者修行的な子もいます。
こういう子が他流試合に励んでくれれば、世の男性は大歓迎なのですが。

彼女を作りたければ、どのようなお誘いにも参加することです。
愛とか恋とかの成就には「まめ」という言葉が欠かせません。
夏場は「こまめに」水分を摂りましょう、の「まめ」のことです。
彼女が欲しいのに「いない歴」が異常に長い男性には共通項があります。
それは「まめ」さを嫌うという傾向があります。

彼女を作るのに「億劫・怠惰」は禁句です。
発情期のある動物で「億劫・怠惰」を前面に出したら、その種は滅びていくことでしょう。
「発情期が毎日」の人間だからこそ、「今でなくてもいい」という余裕が生まれますが、余裕ばかり見せていると、切羽詰ってくる場合があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ